定期的なメンテナンス

ウォッチ

ロレックスでは時計のオーバーホールは3年〜4年に1度位は行うことを推奨しています。良いコンディションで使うためには定期的なメンテナンスが必須で、それは時計を長く使用するために必要だと考えているからです。

もっと見る

人気の腕時計メーカーです

腕時計

ロレックスの腕時計はオートマチック方式が採用されています。そのため、定期的にオーバーホールを行ってあげましょう。オーバーホールを行う事によって、また長い間正確に作動し続けてくれますから、必ず行いましょう。

もっと見る

一種のステータスです

時計

専門家に任せた方がいい

ロレックスといえば世界中にファンがたくさんいる高級な腕時計のブランドです。日本にも著名人を中心に愛用者がたくさんいて、ロレックスの腕時計を身に付けているのは一種のステータスでもあります。精巧な作りが特色だけにロレックスは壊れにくいのも魅力です。ただ、何十年も使い続けていれば少しずつ不具合が出てくるのが当然で、こまめに修理をしてメンテナンスを行うとさらに長持ちします。ちなみに、簡単な修理であれば自分でも行えます。インターネット上に修理法を紹介した動画なども見られるので、そういった資料を参考にしながら手を加えるのも愛着が沸いていいものです。ただ、精密な部品が組み合わさってロレックスができているのを考えると専門家に任せた方がいいのも明白です。

時計屋さんに直してもらう

最も確実な修理の仕方はロレックスの本体を購入したお店に持ち込むスタイルです。正規店なら修理に必要な部品がちゃんとストックされていて、さらには専属の職人さんがスタンバイしていますからほとんど新品に近い状態にまで戻ります。また、腕時計が生活の必需品であるのを踏まえると一刻も早くロレックスを修理したいと考えるのも自然で、町の時計屋さんに直してもらう方法も頭の片隅に置いておくといいです。故障の具合にもよりますが、簡単なロレックスの修理なら即日で済ませるのも可能です。しかし、大切なロレックスの時計だからこそ、本当に信頼のできる店舗なのかどうかを事前に相談などを通して調べるのも重要で、修理をお願いするのはそれからでも遅くはないです。

状態維持と費用の節約

ウォッチ

高級腕時計ロレックスは、機械式時計であるため、防水性能の維持や故障の予防をするため3年から5年を目安にオーバーホールをすることが、必要不可欠です。また定期的なオーバーホールをすることで、次回のオーバーホールの費用を抑える事もできると言ったメリットもあります。

もっと見る