状態維持と費用の節約|高級時計のロレックスを長く持ちたいなら修理業者について知っておく

状態維持と費用の節約

ウォッチ

次回の費用節約になります

高級腕時計として世界的に名高いロレックスですが、創業当初は、懐中時計が主流でした。現在のロレックスとは違い、腕時計としての利便性を考え、懐中時計にバンドをつけた単純なつくりの物であり、クロノメーターの認定まではいかなかったのです。しかしロレックスの常に進化したいと言った、たゆまない努力と技術力や開発力が、長い歴史を刻み現在のロレックスへと成長し、世界的なブランドとして人気を誇れるようになったのです。ロレックスは、機械式時計と言われ歯車とバネ・少量のオイルで動いています。そのため3〜5年のサイクルでオーバーホールを行う事が必要不可欠です。オーバーホールとは、分解洗浄とも言われムーブメント一つ一つを丁寧に分解し組み直し・注油・調整をするといったことを行います。それでも、機械式時計の耐久性は50年から100年とも言われますので、定期的なオーバーホールやメンテナンスを行うことで、いつでも良好な輝きと性能を維持する事ができると言えます。また定期的に、オーバーホールを行うことで次回のオーバーホールの時に部品交換などがいらず費用を抑えられると言ったメリットもあります。

防水性能と故障の関係

ロレックスは、継ぎ目のない金属製のオイスターケースを利用しているため、その防水性能は、一般の時計に比べると各段に違い圧倒されます。またオイスターケースの上からパッキンを使いケースを上からかけると言った2重構造となっているため、実現できる事なのです。そしてデイトジャスト機能やパーペチュアル機能が搭載されたことで、三大発明と言われたことをきっかけに、ロレックスが世界に名を轟かせ、クロノメーターの認定を受ける事ができたとも言えます。ロレックスは、実用性に優れており、頑丈に作られているため、少しオイルが減っただけでは止まってしまうことはなく、動き続けてしまいますので、気づいた時にはオーバーホールでは、手におえない状態になってしまう事が時折ありますので、早めにオーバーホールやメンテナンスを行い予防する事が必要です。つまり人間で言えば健康診断を受け病気を予防することです。オーバーホールの推奨期間は3年ですが5年以上たつと、パッキンが劣化してしまい防水性能が弱くなりなりますので、故障の原因につながります。また利用頻度の高い人は2年程度でオーバーホールを行った方が良いです