定期的なメンテナンス|高級時計のロレックスを長く持ちたいなら修理業者について知っておく

定期的なメンテナンス

ウォッチ

寿命を延ばすため

ロレックスはスイスの高級時計メーカーで世界中で人気が高い時計です。ロレックスは高い防水性能でNASAに認められるなどで有名になりました。ロレックスは特に壊れているわけではなくても3〜4年に1度はオーバーホールを行うのを推奨しています。何故なら外側の傷や内部の劣化などは使用していれば自然に起こるので、ムーブメントなどに油を注したりパッキンの交換などは正しく時を刻むために必要であると考えているからです。オーバーホールを行うことで寿命を延ばしたり、故障などが起こりにくくなるのでやはり定期的なメンテナンスは行うべきでしょう。正規品や並行輸入品のロレックスのオーバーホールは日本ロレックスや販売店に持ち込むのが良いでしょう。

高いコストの理由

ロレックスの時計のオーバーホールは費用も4万円から6万円とかなり高いですし、別に部品交換などが発生すると更に部品代も掛かります。費用の高さはオーバーホールの内容が1度分解して清掃して性能テストを行い、外側も研磨で傷を取ってピカピカに磨くので費用の高さも納得の行くものです。オーバーホールにも長い工程があるので1か月以上かかることもざらです。修理が必要になって日本国内で対応出来ない場合には、スイスに送ることもあるというほどしっかりしたメンテナンスが受けられます。ロレックスは自社の製品に自信を持っているので、その製品を良い状態で長く使用してほしいと考えています。ロレックスをお持ちなら定期的なオーバーホールがお勧めです。